アメリカ クレジットヒストリー 赴任直後

アメリカのクレジットヒストリーを甘く見ていたようだ。。。

 

日本でのカード利用歴とはまったくリンクしていない。

 

アメリカではクレジットカードは、日本のように割合誰でも簡単に作れるものではなかった。

 


赴任直後、アメリカの銀行口座からドルで引き落としするクレジットカードを作ろうとした。

 

米系大手航空会社のクレジットカード、なにせ私はその航空会社のゴールドエリート会員。

 

信頼はあるだろうし、貰えるボーナスマイルも魅力的だったから、迷わず申し込んだ。

 

が、結果は「クレジットヒストリーがないのでお作りできません」。

 


まだ諦めない僕、赴任前出張中に泊まったホテルチェーンではダイヤモンド会員(最高峰)。

 

これはいけるだろう、とそのホテルチェーンからお誘いのあったクレジットカードに申し込む。

 

やはり惨敗で、前回同様、3週間ほどして「ごめんなさい」のお断り手紙が自宅に届いた。

 

なんだかショックで、先の見えない闇の道に迷い込んでしまったかのよう。

 

アメリカの銀行で口座開設したときに、デビットカードが自動的に貰えた。

 

そのデビッドカードでドル決済できるから不足はないものの、

 

クレジットカードが作れなかった、という心理的ダメージは大きい。

 


ニッチビジネス、困っている人への救済は色々あるもの。

 

日系航空会社が「クレジットヒストリーない人でも作れます」というサービスをしてくださっている。

 

JALカードUSA、ANAカードUSA。

 

この2つなら多くの日本人がアメリカ赴任直後でもドル建てのクレジットカードが作れる。

 

ご好意に甘えて、私もそこでクレジットカードを作らせていただき、

 

3か月ほどクレジットヒストリーを積み上げた後、米系大手航空会社のクレジットカードに

 

再度申し込みをしたら、きちんと審査にパスしてクレジットカードが届きました。

 

 

これもアメリカ文化の洗礼、思いがけない出来事。

 

君、知らずや。

 

アメリカ赴任直後のクレジットヒストリー有無がこんなに響くとは。

 

アメリカ運転免許証 運転実技試験

緊張MAX、アメリカの運転免許証を取るための運転実技試験。

テスト日の1週間も前から、気になって気になって仕事が手につかない。

ウェブサイトから色々な体験談を調べて、心の冷静を保とうとした私。

ワラにもすがる思い、というのはアレのことね。

見事一発合格した私、あなたのお役に立てれば良いと思って体験をメモしておくね。

 

州によって違いはあろうが、僕が受けた州は秘密にしておこう。

12月に受けたら実技試験の予約が1ヶ月先まで取れないほど混んでいた。

たまにキャンセルがでるので、ここに電話確認して、と貰っていた番号に何度か電話すると、

1週間後の運転実技試験枠に空きが出ていた。

当日は窓口で手続きすると、車で待っているように指示される。

ゆっくりと試験官が私の車までやってくる、アメリカ人なのにフレンドリーな挨拶もなく、

いきなり方向指示器・ブレーキランプ・ライト点滅など、車がちゃんと動くかと

その操作を私が理解しているかの確認を求めてきた。

集中力MAX、全身全霊をもってウィンカーを出すのも、後にも先にもこれが最後か!

 

バックモニターがついている車だが、もちろんバックのときはモニターは見ずに大袈裟に目視確認。

ストップサインも丁寧に停まって、すぐに路上へ。

スピードは速過ぎず遅過ぎずに気を配って、右折や左折時の目視確認を大目に。

平坦な道で「ここがアップヒル(登り坂)だと思ってパーキングして」と言われ、

ちょっと焦ったが右に寄せて車を停め、ハンドルを左に切ってエンジン停止。

そこで私は緊張のあまりにビッグミステークをした、ハンドブレーキの引き忘れ。

発信時にそれに気がついて、思わず「OH !」と奇声を上げてしまった。

やってしまったことは仕方ない、と割り切ってその先へ。


Turn Around か 3 Point Turnどちらかをしてくれ、と言われちょっと焦る。

他の通行車両がほぼない住宅街でのテスト、とりあえずTurn Aroundをゆっくりやってみた。

あとは右折、左折、道路上でのストップとそこからのバックを指示された。

最後は(試験の定番・山場らしい)縦列駐車。

もちろんバックモニターは見ないようにして、でも実はチラチラ目に入るのが助かった。

試験官によってはモニターを紙で隠す人もいると聞くが、私のときは運が良かったのか。

無事終わると駐車場に停め、エンジンを切る。


その場で合否通知だ。

「窓口で手続きして、ポイントをあげるから」と言われた。

「テストをパスできたの?」と聞き返すと「Yes」と。

喜び爆発で、「I made a big mistake!」と笑って言ったら

「I knew it !」とか言われて、この最後の最後でようやく試験官が笑った。


スコア表を渡されたのだが、いくつかのチェックポイントがあるみたい。

曲がるときのスピードとか安全確認とか、+と−の欄にチェックされている。

大ミスは一発失格だろうが、他は「大体普通の運転ができれいればOK」ぐらい。

日本みたいに9割が合格ラインではなく、7−8割ぐらいの感覚がした。

こうして大緊張&脱力満点へ様変わりした私はにっこり笑って運転免許証の写真撮影。


あなたの州の運転実技試験もきっとウェブサイトに情報があることでしょう。

コースをグーグルマップで下調べしておくこと、縦列駐車は試験場が空いているときに

実際に行って練習しておくこと、方向展開がどの道で要求されるか、それも調べておくといい。

私はなんとなく英語ができるから問題なかったが、言葉が心配であれば運転用語の予習が必要。


「アメリカ/英語だという場に呑まれなければ大丈夫!」というのが私のまとめの言葉ね。

 

ハイブリッド 未来の車

「ハイブリッド技術の先に見ているのは燃料電池自動車をトヨタが独占すること。

トヨタの狙いは 明白じゃないですか」

オートモービル・アナリストの未来氏はそう当たり前のように言い切った。


 「あなたなら電気自動車と燃料電池自動車のどっちを選択する?と聞かれましたね?

わたしは燃料電池自動車だと思います。

確かに電気自動車はもう既に技術的には実用間際まで来ていて

今すぐ国が政策として 電気自動車にシフトすれば

数年先の排気ガスは 確実に削減できます

石油から天然ガスへと依存するエネルギーが変わっていって

次の将来に そしてそれがきっと永続すると思いますけど

究極的に人類がたどり着くべきは 水だけを排出するクリアなエネルギー

水素エネルギー技術なのだから」


 女性には珍しい オートモービル・アナリスト

持ち前の明るさで 各方面に人脈を持つ才女だとは聞くが


「インテルとマイクロソフトが パソコンの世界を独占したでしょう?

トヨタは あれと同じことをやりたいはずよ

それは石橋を叩いても渡らないトヨタだから

まだ時期尚早と思って 本腰を感じさせないけど

ハイブリッド技術のことで わたしはトヨタの真意を感じ取っていますから」

 

「未来さんから見て

ハイブリッド車を制するのは 世界のどのメーカーだと思われますか?」

――車雑誌の記者なら 当然知っているはずなのに

 

 

 

「トヨタ自動車です これが間違いならその時はわたしがこの仕事を辞める時ね

すでに90%のシェアがあるし

ハイブリッド技術をあの日産に提供したことが決定的なキーね

日産に手の内を明かしても

業界の先駆者になり続けられるものを持っているから できることよ

巨額の研究開発費を いくらかでも肩代わりしてもらえることも 狙いだろうし

それに業界全体のレベルアップが インフラ整備にもつながるし

トヨタにとっては 二つの意味でWIN−WINの図式

他社と協力することで得られる 目先のWINと

他社へ協力した後でまた必ず自分に戻ってくる 長い目でのWIN

このふたつを手中にするのが確実と わたしは思っていますから」


 「そのことがいつか 燃料電池自動車の実現につながってゆく と思われますか?」

「ハイブリッドは燃料電池自動車にも応用できる技術

ハイブリッド・ナンバーワンになった時

トヨタは燃料電池自動車ナンバーワンを モノにしてしまうでしょう

燃料電池技術を牛耳れば かつてパソコンの世界でインテルのCPUが

パソコンの頭脳としての機能を独占し マイクロソフトのWINDOWSがOS

パソコンの血液としての機能を独占したように トヨタは車業界全体の主導権を握る

 

燃料電池技術は住宅にも応用できるから

不振続きのトヨタホームも 悲願のシェアアップを望める

トヨタ自動車の狙いは限りなく広く

それも実用可能な夢ばかりなのだから 羨ましくなっちゃうわね!」


 「すると他の自動車メーカーには 勝ち目はないと?」

そう食い下がる記者に向かって 未来は身を乗り出して言う

「さすがはお堅いトヨタさん 盤石の攻めだからもうあとは時間の問題

チェック・メイトよ 未来の車さん!」

 

100年先の車の進化

100年先の車の進化、ねぇ。

そんなキーワードで検索しちゃって、あなたはよっぽど、車がお好きな方。

100年先には、車はどんな進化を遂げているのでしょうか。

 

未来を知るには、過去から。

逆に100年前の車の進化って、まだ車の創世記。

それが100年で、電気自動車や燃料電池車が現実性を帯びるまで進化してきたのだから、

これって凄いこと。

2000年かけて、人はどれだけ進化してきたのかな?

ここ100年の進化は加速度的だけど、昔の100年の進化ってあまりスピード感はない。

 

だから、次の100年に車の進化を求めようとする、あなたの心って、

人間の進化の歴史からすれば、いびつなものだよね。

と堅いことを言いましたが、将来の車、100年先の車って、僕も気になります。

僕は推測しよう、100年先の車の進化は人が運転していない、と。


あなたは高速道路に乗ると、自動ドライブモードに切り替えて、シートを倒して眠りに入る。

行き先だけセットしておけば、あとは高速道路の出口まで、

未来の車に内蔵されたコンピューターが、事故なく、高速で、正確にあなたを運んでくれる。


 一般道路ではまだあなたが運転することもあるでしょう。

全くの静音となった高速道路網だから、地方や住宅街までびっしり整備されているようになっている。

最小限の人力、最大限の自動化。

人間の判断ミスは100年先にも残るから、

100年後の車の進化コンセプトは、「なるべく人に任せない車」ということになる。


すごいよ、人間って。

わずか200年の間に、人力車から、コンピューター運転車までの進化を遂げていったのだから!

そうそう、車って人が運転すべきものじゃないって、そう世論が行き着いた先が、100年先の車なのだよ。

三河コストコ

いいえ、違うよ、豊田市コストコって、トヨタ車を10台まとめて販売するってことじゃない。

いくらコストコさんだって、自動車の大量格安販売とかはしないでしょ、常識、ジョーシキ。


各地にオープンしたコストコが地域の特性を出そうと努力されているのは知っている。

地元の名産品、もしくは地元民がヘビーに消耗する食料品をコストコ流に売る。

だからと言って、コストコが車のディーラーに参入するのは空想もちょっと飛躍しすぎ。

愛知県豊田市へのコストコ誘致を熱望するあまり、豊田コストコのオープンへの期待が高まったか、

君は突拍子もないことを言うなぁ。

 

「トヨタコストコ」でもなく、「豊田市コストコ」になると思うし。

自動車関連の部品やらグッズを専門に販売する倉庫店という大化けコストコもないし。

とにかく豊田市という世界的に高い知名度を使ってひと儲けしようとする君のその邪心。

誰だって我が町にコストコは来てほしいけど、豊田市コストコの実現性は不透明だよ。


東海環状線沿いになら、広大な土地は確保できるし、混雑していないインターもある。

だから愛知県豊田市コストコの噂話はやむことがないでしょう。

 


<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box