アメリカ クレジットヒストリー 赴任直後

アメリカのクレジットヒストリーを甘く見ていたようだ。。。

 

日本でのカード利用歴とはまったくリンクしていない。

 

アメリカではクレジットカードは、日本のように割合誰でも簡単に作れるものではなかった。

 


赴任直後、アメリカの銀行口座からドルで引き落としするクレジットカードを作ろうとした。

 

米系大手航空会社のクレジットカード、なにせ私はその航空会社のゴールドエリート会員。

 

信頼はあるだろうし、貰えるボーナスマイルも魅力的だったから、迷わず申し込んだ。

 

が、結果は「クレジットヒストリーがないのでお作りできません」。

 


まだ諦めない僕、赴任前出張中に泊まったホテルチェーンではダイヤモンド会員(最高峰)。

 

これはいけるだろう、とそのホテルチェーンからお誘いのあったクレジットカードに申し込む。

 

やはり惨敗で、前回同様、3週間ほどして「ごめんなさい」のお断り手紙が自宅に届いた。

 

なんだかショックで、先の見えない闇の道に迷い込んでしまったかのよう。

 

アメリカの銀行で口座開設したときに、デビットカードが自動的に貰えた。

 

そのデビッドカードでドル決済できるから不足はないものの、

 

クレジットカードが作れなかった、という心理的ダメージは大きい。

 


ニッチビジネス、困っている人への救済は色々あるもの。

 

日系航空会社が「クレジットヒストリーない人でも作れます」というサービスをしてくださっている。

 

JALカードUSA、ANAカードUSA。

 

この2つなら多くの日本人がアメリカ赴任直後でもドル建てのクレジットカードが作れる。

 

ご好意に甘えて、私もそこでクレジットカードを作らせていただき、

 

3か月ほどクレジットヒストリーを積み上げた後、米系大手航空会社のクレジットカードに

 

再度申し込みをしたら、きちんと審査にパスしてクレジットカードが届きました。

 

 

これもアメリカ文化の洗礼、思いがけない出来事。

 

君、知らずや。

 

アメリカ赴任直後のクレジットヒストリー有無がこんなに響くとは。

 

アメリカ運転免許証 運転実技試験

緊張MAX、アメリカの運転免許証を取るための運転実技試験。

テスト日の1週間も前から、気になって気になって仕事が手につかない。

ウェブサイトから色々な体験談を調べて、心の冷静を保とうとした私。

ワラにもすがる思い、というのはアレのことね。

見事一発合格した私、あなたのお役に立てれば良いと思って体験をメモしておくね。

 

州によって違いはあろうが、僕が受けた州は秘密にしておこう。

12月に受けたら実技試験の予約が1ヶ月先まで取れないほど混んでいた。

たまにキャンセルがでるので、ここに電話確認して、と貰っていた番号に何度か電話すると、

1週間後の運転実技試験枠に空きが出ていた。

当日は窓口で手続きすると、車で待っているように指示される。

ゆっくりと試験官が私の車までやってくる、アメリカ人なのにフレンドリーな挨拶もなく、

いきなり方向指示器・ブレーキランプ・ライト点滅など、車がちゃんと動くかと

その操作を私が理解しているかの確認を求めてきた。

集中力MAX、全身全霊をもってウィンカーを出すのも、後にも先にもこれが最後か!

 

バックモニターがついている車だが、もちろんバックのときはモニターは見ずに大袈裟に目視確認。

ストップサインも丁寧に停まって、すぐに路上へ。

スピードは速過ぎず遅過ぎずに気を配って、右折や左折時の目視確認を大目に。

平坦な道で「ここがアップヒル(登り坂)だと思ってパーキングして」と言われ、

ちょっと焦ったが右に寄せて車を停め、ハンドルを左に切ってエンジン停止。

そこで私は緊張のあまりにビッグミステークをした、ハンドブレーキの引き忘れ。

発信時にそれに気がついて、思わず「OH !」と奇声を上げてしまった。

やってしまったことは仕方ない、と割り切ってその先へ。


Turn Around か 3 Point Turnどちらかをしてくれ、と言われちょっと焦る。

他の通行車両がほぼない住宅街でのテスト、とりあえずTurn Aroundをゆっくりやってみた。

あとは右折、左折、道路上でのストップとそこからのバックを指示された。

最後は(試験の定番・山場らしい)縦列駐車。

もちろんバックモニターは見ないようにして、でも実はチラチラ目に入るのが助かった。

試験官によってはモニターを紙で隠す人もいると聞くが、私のときは運が良かったのか。

無事終わると駐車場に停め、エンジンを切る。


その場で合否通知だ。

「窓口で手続きして、ポイントをあげるから」と言われた。

「テストをパスできたの?」と聞き返すと「Yes」と。

喜び爆発で、「I made a big mistake!」と笑って言ったら

「I knew it !」とか言われて、この最後の最後でようやく試験官が笑った。


スコア表を渡されたのだが、いくつかのチェックポイントがあるみたい。

曲がるときのスピードとか安全確認とか、+と−の欄にチェックされている。

大ミスは一発失格だろうが、他は「大体普通の運転ができれいればOK」ぐらい。

日本みたいに9割が合格ラインではなく、7−8割ぐらいの感覚がした。

こうして大緊張&脱力満点へ様変わりした私はにっこり笑って運転免許証の写真撮影。


あなたの州の運転実技試験もきっとウェブサイトに情報があることでしょう。

コースをグーグルマップで下調べしておくこと、縦列駐車は試験場が空いているときに

実際に行って練習しておくこと、方向展開がどの道で要求されるか、それも調べておくといい。

私はなんとなく英語ができるから問題なかったが、言葉が心配であれば運転用語の予習が必要。


「アメリカ/英語だという場に呑まれなければ大丈夫!」というのが私のまとめの言葉ね。

 

転職 初日 挨拶

転職初日の挨拶、それほど緊張するものはない。

誰が偉い方で、誰がどういった性格で、誰がこれから仕事を一緒にやっていく人か、

何も把握できていない状況で、挨拶しなくてはならない。

自分のことを観察している人が大勢いるから、でしゃばってはいけないし、

かといって初対面の自分をアピールする機会だから、つまらないことを言うだけでも駄目。

 

転職初日の挨拶は、自分をキャラクター化しないといけないな。

一言で言うと、自分は何者?

どんな特別な知識や経験があり、どんな能力を活かして仕事をするの?

新しい会社の人たちに、そのことを分からせないといけないという試練ね、試練。

 

自分のIDは何? 転職してきた自分にしかないものは?

それをわずかな時間の挨拶に凝縮して伝えるのが、転職の初日挨拶だから。

 

前職では、○○の分野の仕事を、〇○年間してきました。

特に○○については、専門的な知識を持っておりますので、

それを活かしながら、この会社でお役に立っていこうと思います。

まぁ、その前後に謙虚な挨拶も入れるけど、

僕だったら途中にこうした明確なキャラクター設定を入れるな。

だってみんな分からないもん、あなたという転職入社者の強みが、意味が。

それを払拭する唯一無二の機会が、転職初日の挨拶だよ。


「畑違いの分野からの転職ですので、新入社員の気持ちで学んでいきます」

って言う人はまだ理解できる。

同じ分野からの転職なのに、

「至らない私ですが、よろしくご指導ご鞭撻お願いします」

だけ言われても、わたしだったら白けちゃうな。


謙遜は分かるけど、あなたって何者?強みは?正体は?

それを伝えよう、アピールしよう。

転職初日の挨拶を逃したら、それだけ大勢の人に伝える機会には巡り合わない。

自分に思い切ったキャラ設定をして、転職初日の挨拶でぶつけてみようよ。

 

アメリカビザ パスポート更新

「パスポートを更新したのですが、前のパスポートに残っている有効中のアメリカビザは自動的に失効するんですよね?」


そんなこと考えたこともなかった。

 

お客さんからの電話を受けて即答できなかったわたしが頼るのはもちろん、ケンしかいない。


少々お待ちください、と断ってケンに聞いてみると

 

「パスポートを必ず二冊両方もって入国するように言いましょう、

 

パスポートを更新しても古いパスポートに残ったビザは有効期間中は生きています」との返事だった。

 

お客さんに答えた後でケンに改めて聞いてみると、「よくあることだよ」と彼は言った。


「なにしろアメリカビザは有効期限が長い。他の国のように1年や2年じゃない、3年から5年、ものによっては10年だしね。


普通はパスポートが切れればビザは取り直しになるんだよ。

 

でもアメリカは違うな。両方持ってゆけばいい。なんていうか、合理的だよ」


「なるほどねぇ〜。それは合理的でいいわ。他の国にはない制度なのね」

 

「唯一、オーストラリアのシールビザだけは同じルールだけど、他はみんな取り直しだね。

 

これはなかなかいい制度だと思うよ」

 

そう言ってケンは嬉しそうにしていた。


なんだかんだ言っても、ケンはアメリカビザのことが好きというか、嫌いじゃないんだ。わたしはそう感じたよ。

 

アメリカ家族ビザ 期限

「21歳の誕生日の前日。


ケン、これがアメリカの家族ビザの期限なのね」

 

ある時、受領してきたばかりのLファミリーのパスポートを見ながらtokoがつぶやいた。

 

お子さんのL2ビザシールとパスポートの写真欄をじっくり見ている。


「そうだよ、21歳になったらもう一人の大人、ってことさ」


「21歳以上になったらもう自分独自のビザカテゴリーを取らない限りはアメリカにはいられないのか〜。

 

これってどのビザでも一緒?」

 

「一緒だよ。21歳の誕生日の前日、ってことで統一されているね。

 

結構これって長いほうで、他の国では18歳とか20歳とか、もっと早い印象が強い」

 

「そうだよね、21歳で扶養家族なんてほぼありえないもん。

 

普通は学生か、もう仕事をしているでしょ。

 

21歳なのに何もしていないって、あんまり考えられない」

 

「まぁね。我々が送り出す駐在員家族は高校卒業したらFビザを取ってお子さんは留学生の身分になるしね。

 

だからまぁ、何も問題ないよ」

 


アメリカビザのルール。

 

それは色々なことを踏まえた上で決めている、まるで色々な人種のるつぼって言われるニューヨークやL.A.みたいに入り組んでいるよ」

 

そう言うとtokoは納得した顔つきでアメリカビザのコピーを取りに行った。

 

これで良かったのかな?

 

充分に教えられたかな、と毎回わたしは疑問に思いながら彼女と仕事をしている。

 



<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box