アメリカ クレジットヒストリー 赴任直後

アメリカのクレジットヒストリーを甘く見ていたようだ。。。

 

日本でのカード利用歴とはまったくリンクしていない。

 

アメリカではクレジットカードは、日本のように割合誰でも簡単に作れるものではなかった。

 


赴任直後、アメリカの銀行口座からドルで引き落としするクレジットカードを作ろうとした。

 

米系大手航空会社のクレジットカード、なにせ私はその航空会社のゴールドエリート会員。

 

信頼はあるだろうし、貰えるボーナスマイルも魅力的だったから、迷わず申し込んだ。

 

が、結果は「クレジットヒストリーがないのでお作りできません」。

 


まだ諦めない僕、赴任前出張中に泊まったホテルチェーンではダイヤモンド会員(最高峰)。

 

これはいけるだろう、とそのホテルチェーンからお誘いのあったクレジットカードに申し込む。

 

やはり惨敗で、前回同様、3週間ほどして「ごめんなさい」のお断り手紙が自宅に届いた。

 

なんだかショックで、先の見えない闇の道に迷い込んでしまったかのよう。

 

アメリカの銀行で口座開設したときに、デビットカードが自動的に貰えた。

 

そのデビッドカードでドル決済できるから不足はないものの、

 

クレジットカードが作れなかった、という心理的ダメージは大きい。

 


ニッチビジネス、困っている人への救済は色々あるもの。

 

日系航空会社が「クレジットヒストリーない人でも作れます」というサービスをしてくださっている。

 

JALカードUSA、ANAカードUSA。

 

この2つなら多くの日本人がアメリカ赴任直後でもドル建てのクレジットカードが作れる。

 

ご好意に甘えて、私もそこでクレジットカードを作らせていただき、

 

3か月ほどクレジットヒストリーを積み上げた後、米系大手航空会社のクレジットカードに

 

再度申し込みをしたら、きちんと審査にパスしてクレジットカードが届きました。

 

 

これもアメリカ文化の洗礼、思いがけない出来事。

 

君、知らずや。

 

アメリカ赴任直後のクレジットヒストリー有無がこんなに響くとは。

 

アメリカ運転免許証 運転実技試験

緊張MAX、アメリカの運転免許証を取るための運転実技試験。

テスト日の1週間も前から、気になって気になって仕事が手につかない。

ウェブサイトから色々な体験談を調べて、心の冷静を保とうとした私。

ワラにもすがる思い、というのはアレのことね。

見事一発合格した私、あなたのお役に立てれば良いと思って体験をメモしておくね。

 

州によって違いはあろうが、僕が受けた州は秘密にしておこう。

12月に受けたら実技試験の予約が1ヶ月先まで取れないほど混んでいた。

たまにキャンセルがでるので、ここに電話確認して、と貰っていた番号に何度か電話すると、

1週間後の運転実技試験枠に空きが出ていた。

当日は窓口で手続きすると、車で待っているように指示される。

ゆっくりと試験官が私の車までやってくる、アメリカ人なのにフレンドリーな挨拶もなく、

いきなり方向指示器・ブレーキランプ・ライト点滅など、車がちゃんと動くかと

その操作を私が理解しているかの確認を求めてきた。

集中力MAX、全身全霊をもってウィンカーを出すのも、後にも先にもこれが最後か!

 

バックモニターがついている車だが、もちろんバックのときはモニターは見ずに大袈裟に目視確認。

ストップサインも丁寧に停まって、すぐに路上へ。

スピードは速過ぎず遅過ぎずに気を配って、右折や左折時の目視確認を大目に。

平坦な道で「ここがアップヒル(登り坂)だと思ってパーキングして」と言われ、

ちょっと焦ったが右に寄せて車を停め、ハンドルを左に切ってエンジン停止。

そこで私は緊張のあまりにビッグミステークをした、ハンドブレーキの引き忘れ。

発信時にそれに気がついて、思わず「OH !」と奇声を上げてしまった。

やってしまったことは仕方ない、と割り切ってその先へ。


Turn Around か 3 Point Turnどちらかをしてくれ、と言われちょっと焦る。

他の通行車両がほぼない住宅街でのテスト、とりあえずTurn Aroundをゆっくりやってみた。

あとは右折、左折、道路上でのストップとそこからのバックを指示された。

最後は(試験の定番・山場らしい)縦列駐車。

もちろんバックモニターは見ないようにして、でも実はチラチラ目に入るのが助かった。

試験官によってはモニターを紙で隠す人もいると聞くが、私のときは運が良かったのか。

無事終わると駐車場に停め、エンジンを切る。


その場で合否通知だ。

「窓口で手続きして、ポイントをあげるから」と言われた。

「テストをパスできたの?」と聞き返すと「Yes」と。

喜び爆発で、「I made a big mistake!」と笑って言ったら

「I knew it !」とか言われて、この最後の最後でようやく試験官が笑った。


スコア表を渡されたのだが、いくつかのチェックポイントがあるみたい。

曲がるときのスピードとか安全確認とか、+と−の欄にチェックされている。

大ミスは一発失格だろうが、他は「大体普通の運転ができれいればOK」ぐらい。

日本みたいに9割が合格ラインではなく、7−8割ぐらいの感覚がした。

こうして大緊張&脱力満点へ様変わりした私はにっこり笑って運転免許証の写真撮影。


あなたの州の運転実技試験もきっとウェブサイトに情報があることでしょう。

コースをグーグルマップで下調べしておくこと、縦列駐車は試験場が空いているときに

実際に行って練習しておくこと、方向展開がどの道で要求されるか、それも調べておくといい。

私はなんとなく英語ができるから問題なかったが、言葉が心配であれば運転用語の予習が必要。


「アメリカ/英語だという場に呑まれなければ大丈夫!」というのが私のまとめの言葉ね。

 

転職 初日 挨拶

転職初日の挨拶、それほど緊張するものはない。

誰が偉い方で、誰がどういった性格で、誰がこれから仕事を一緒にやっていく人か、

何も把握できていない状況で、挨拶しなくてはならない。

自分のことを観察している人が大勢いるから、でしゃばってはいけないし、

かといって初対面の自分をアピールする機会だから、つまらないことを言うだけでも駄目。

 

転職初日の挨拶は、自分をキャラクター化しないといけないな。

一言で言うと、自分は何者?

どんな特別な知識や経験があり、どんな能力を活かして仕事をするの?

新しい会社の人たちに、そのことを分からせないといけないという試練ね、試練。

 

自分のIDは何? 転職してきた自分にしかないものは?

それをわずかな時間の挨拶に凝縮して伝えるのが、転職の初日挨拶だから。

 

前職では、○○の分野の仕事を、〇○年間してきました。

特に○○については、専門的な知識を持っておりますので、

それを活かしながら、この会社でお役に立っていこうと思います。

まぁ、その前後に謙虚な挨拶も入れるけど、

僕だったら途中にこうした明確なキャラクター設定を入れるな。

だってみんな分からないもん、あなたという転職入社者の強みが、意味が。

それを払拭する唯一無二の機会が、転職初日の挨拶だよ。


「畑違いの分野からの転職ですので、新入社員の気持ちで学んでいきます」

って言う人はまだ理解できる。

同じ分野からの転職なのに、

「至らない私ですが、よろしくご指導ご鞭撻お願いします」

だけ言われても、わたしだったら白けちゃうな。


謙遜は分かるけど、あなたって何者?強みは?正体は?

それを伝えよう、アピールしよう。

転職初日の挨拶を逃したら、それだけ大勢の人に伝える機会には巡り合わない。

自分に思い切ったキャラ設定をして、転職初日の挨拶でぶつけてみようよ。

 

三四郎 夏目漱石

郷里の熊本を出た時、三四郎の井の中の蛙っぷりは絵に描いたよう。

自分は高等学校卒のエリート、一般人よりも上という優越感の持ち主。

兄の野々宮のことを、よし子が深く観察している姿を見て、

「これしきの女」「東京の女学生は決して馬鹿に出来ないものだ」

と思うところに女性蔑視の態度が現れているし、

美禰子たちと団子坂へ菊人形を見に行った際に見物人のことを

「教育のありそうなものは極めて少ない」

「あの人形を見ている連中のうちには随分下等なのがいた様だから」

と言う様から、一般庶民を卑下した態度を読み取る。

 

自己意識の高い三四郎は、大都会・東京に出て来て電車や東京の広さに驚く一方、

故郷の母から届いた心尽くしの手紙を見て、もう自分にはいらない世界だと失望する。

様々な人と交流を持ち、新しい女性像である美禰子と知り合ったことで己の不明を知る。

東京での新しい物事になんとか自分で納得のいく理解をしようと試みる三四郎。

しかし、「世紀末」というハイカラな言葉に反応を示さなかった、

いや、示すことができなかったように、東京の考え方になじむことができない。

静かな大学の池の端で佇んでいても、故郷の熊本の自然を心の拠り所にするわけでもなく、

ただ孤独を感じてしまう。既に故郷からも心は遠ざかってしまっていた。

 

三四郎は自分がどこにいればいいのかが分からず、ただもがいているだけの迷子。

同じく、自分がどこにいればいいのかが分かっていない人間がもう一人いた。

自身の結婚問題に揺れる美禰子だ。

当時の一般的な女性像に美禰子は当てはまっていない。

知識があるし、三十円もの大金を自身の判断で三四郎に貸すことができる経済力。

そういった女性は、明治の時代では稀であった。

三四郎にとっては、そんな美禰子こそ、大きな謎。

 

自立しているように見えながら、己を「御貰をしない乞食」と言い、

野々宮への非難の言葉を美禰子から聞き出そうとしていた三四郎の腹を見透かし、

「ストレイ、シープ」という謎めいた言葉を投げる美禰子が、三四郎には謎で仕方がない。

美禰子は美禰子で、三四郎の横顔を熟視するぐらいだから、三四郎のことが気になっていた。

それは恋心というか、三四郎がまだ持っている田舎臭さというか、

純粋さに美禰子自身の青春を重ねていたのだろう。

三四郎に見たその純粋さは、ありきたりな結婚で美禰子自身が手放すものだと気付いていた美禰子。

こうして三四郎は美禰子に謎めいた恋心を覚え、美禰子は三四郎の純朴さに恋をする。


三四郎は次第に美禰子の本質を捉え始めた。

「私そんなに生意気に見えますか」という言葉を皮切りに、

それまで無欠の女王のように思っていた美禰子が、実は不安だらけの一女性だという理解に届く。

しかし三四郎はそこで美禰子を理解したと思い込むこともしない。

「二人の頭の上に広がっている、澄むとも濁るとも片付かない空のような、――意味のあるものにしたかった」

とあるように、三四郎は美禰子に謎の部分を感じ続けたかった。

結局、三四郎は未知の世界に飛び込むことに臆病な無力な青年だった。

 

次第に三四郎は美禰子のことを理解し、対等になったと考え始める。

「あなたに会いに行ったんです」という言葉を言うことができるほどにまで成長するが、

皮肉なことにその時には美禰子の心に変化が起きていた。

「迷える子――解って?」という謎めいた言葉を三四郎にかける美禰子。

これには三四郎に前進して欲しいという気持ちが篭っていたのだろうが、

同時に美禰子自身にも成長を求めた言葉でもあった。


三四郎は美禰子に胸中を告白するまでに成長したが、時既に遅かった。

間接的な言葉ではあるが三四郎が告白をした時も、美禰子には意味が通じなかった。

この時点で美禰子は結婚の意志を固めていたのだろう。

そして美禰子は贖罪を求めるかのように三四郎へつぶやく。

「われは我が愆を知る。我が罪は常に我が前にあり」

新しい女性像を理想としていても、

旧態依然とした結婚のしきたりに従うしかなかった自分を非難した言葉なのかな。

こうして美禰子は理想よりも現実を見ることを決心した。


最後に三四郎は「迷羊、迷羊」と繰返した。

謎でしかなかった美禰子の心情を、三四郎はようやく理解した。

しきたりに囚われず、自分の意志を優先させて生きることを理想に掲げた美禰子が、

現実問題を前にして悩み苦しみ、そして最後は諦らめて現実を選んだ経緯。

それが自分が感じた美禰子の謎の正体だと知った。


すると、三四郎の心に根付いていた深い霧も溶ける。

それまでは若い自尊心が邪魔をして、美禰子のことを愛せていなかったと気付いた。

三四郎も美禰子と同様、本質的なものを理想としていた割に、

夢ばかり見て現実に阻まれ、一番大切なものに手を伸ばそうとしていなかった。

三四郎はそのことを、美禰子を失った代償として理解する。

そして、ついに「迷羊」という言葉の真意を理解し、口にした。

傲慢な田舎青年として上京し、うわべのことに囚われていた三四郎が、

美禰子の結婚を機に青春の夢と決別し、人生の実態に気付く様が、作品には鮮明に描かれている。

 

『三四郎』では三四郎と美禰子の両方に、その時代の中で向き合うべきものがある。

日露戦争後の不況では、当時の女性は夫や親に依存しない限りは生きていくことができなかった。

父親を亡くし、兄と暮らしていた美禰子だが、兄が結婚することに伴って、

何か他の依存対象を見つける必要に迫られていた。

当時を生きる上で不可欠であった『家』という制度が顕著に現れている。

美禰子は今までの『家』から新しい『家』へと移る人生の過渡期だった。


美禰子は三四郎に恋愛を求めていたのではない。

大学という学歴があっても当時はエリートを約束されるわけではなく、

田舎出身で特別な社会的背景を持たない三四郎は中途半端な存在であり、

美禰子はそんな三四郎に自分と似たものを見ていただけ。

中途半端な『ストレイシープ』としての自己像を、

三四郎にも投影させて同情に似た関心を寄せていただけに過ぎない美禰子。


三四郎は東京の大学で勉強するために、田舎の熊本から前途洋々と出てきた人間。

熊本の世界からすれば自分はエリートだが、様々な人に出会う中で自らの小ささを知る。

社会的に孤独な美禰子の『ストレイシープ』を通して、

実は自分も同じように『ストレイシープ』であることにようやく目覚めた。


彼は東京で自らの進むべき道に迷う。

熊本の家という『第一の世界』、

自分の想像していた学者たちともまた違っていて理解のできない『第二の世界』、

美禰子に代表される華やかな『第三の世界』、

付け加えるならば、当時の目まぐるしい資本主義発展によって

社会の外にはじきとばされた、轢死した女・最初の電車で出会った老人や女などの『第四の世界』。


三四郎はどれも理解ができず、矛盾であると曖昧にしてしまう。

この問題を解決できない三四郎。

三四郎という人物に、新しいタイプの知識人、真のエリートにはなれなかった多数のエリート候補が

時代の中で向き合わなくてはならなかった問題を直面させたのが、夏目漱石の意図したものかな。

 

アメリカ大使館 東京 行き方

「旅子、今お客さんから電話が入っていて、東京のアメリカ大使館に行きたいんだけど、

どう行ったらいいか、って聞かれてるの。分かる?」

電話のヘルプをお願いされた。

ケンは外出していたけど、その内容ならわたしでも分かる。

電話に出て説明してあげようと思った。


「すいません、そちらのケンさんから地図や案内は貰っていたのですが、家に置き忘れてしまいまして・・・」

そんな簡単な電話。

地下鉄の溜池山王駅ってことは分かっている方みたいで、今はそこにいるって言っている。

「13番出口です。そうです、そうです、駅についてからかなり歩く一番奥の出口です。

そこをあがってください。え? 今、13番出口ですか。

あがったら上に高速が走っているのが見えますね?

そうです、右手の方向に歩いてください」


携帯電話だからちょっと声が途切れ気味だけど、ちゃんと聞こえている。

「はい、最初の交差点まで来ましたか。

交差点を挟んで向こうにスターバックスが見えますよね?

見えますか、では、その交差点を右です。右にまっすぐ行きましょう」


「そうです、歩いていると右に結構新しいビルがありますよね。

赤坂インターシティっていう新しくてお洒落なビルですね。

道路の反対側にコンビニもありましたか?

はい、もうちょっと真っ直ぐ歩くと大使館が見えてきますよ」


「あっ、警察の方に声かけられたんですよね?

目の前にちょっと人が並んでるところ、ガードマンがいる門が見えましたか?

はい、そこです。

そこで面接予約の紙を見せて、ID代わりでパスポートを見せて入ってください。

面接はあまり心配しなくていいですから、流れに沿って受ければOKです。

お気をつけて。いいえ、どういたしまして」

それで電話を切って、わたしの電話誘導は終わった。


電話を取り付いだコが近寄ってきて、

「やるじゃーん、旅子、なんか目隠ししても歩けるみたい?!」って言われた。

そうよ、わたし、大阪アメリカ総領事館の行き方は分からないけど、

東京アメリカ大使館になら、もう何十回も行ってるんだから。

目隠ししても歩けるかもしれない。


でもホントに目隠しして歩いたら警備の警察の人に怪しまれるよね!

あははっ!

 

 





© 2006 - Ken Box