ららぽーと統合

誤変換ではなく、ららぽーと統合を心配しているのだ。
だって、名古屋市近郊には永らくららぽーとがなかった(磐田はちょっと遠い)。
そんな背景の場所に、まさかの2つのららぽーと名古屋港&ららぽーと東郷


距離があまりに近い、直線にするとわずか17km
だから2つのららぽーとがいずれは統合されてしまうのではないか?

 

 

ららぽーと統合

 


生き残るのはららぽーと東郷、「東郷に統合されるららぽーと」という言葉遊び。
だって名古屋港にはビジネスの神が住んでいるのか疑問だから。
イタリア村しかり、レゴランドしかり。


このページが誤変換狙いの一発屋というのは事実。
ららぽーと東郷との距離の近さを無理矢理の理由にあげたが、実際に調べてみた。

 

ららぽーと柏の葉〜ららぽーと新三郷  間 12km
ららぽーと海老名〜ららぽーと湘南   間 17km
ららぽーと名古屋港明〜ららぽーと東郷 間 17km

 

こうした数字は別に意味を持っていないわけだ。


やめてよ、ららぽーと統合なんて不吉な言葉遊びは。
ららぽーとポイントカードを何枚か持っていても、

ららぽーとなら手続きすればポイント統合できる!というグッドニュースだけで十分。

 

統合するならば、ららぽーと同士ではなく、他社を吸収合併する日
愛知県に2つしかないららぽーとが、経営統合によって数を増やす。
そんなららぽーと統合を期待して、このページを閉じようと思う。

 

コストコとウォールマートの違い〜従業員満足度

1996年に初めてコストコに入った時、それは驚いた。
倉庫内の圧倒的物量、パレットに積んだままの販売方法、大量販売しかしていないこと
日本しか知らなかった僕にとってはぶっとんだ世界、良くも悪くも。

 

それまでコストコというお店のことを全く知らなかった。
シアトル郊外のホストファミリーに連れて行かれた、それが僕のコストコとの出会い。

 

それから僕にとってはアメリカサイズの代表者がコストコになった。
スーパーで買う4ガロンのゲーターレードも巨大だったが、
コストコを知ってしまったら、その後のスーパーでの買い物が少量に見えた。

 

 

コストコとウォールマートの違い1.jpg

 

 

大人になって、アメリカで暮らすようになった今も、コストコに入ると超物量の展示に非日常を感じる。

実際コストコでのショッピングが楽しくて仕方がない。

 

コストコでなくても、そこら中にあるウォールマートだって店の広さ、品揃えの豊富さには両手を挙げて降参したくなる。
だが、ウォールマートとコストコでは何かが違う、何かが。

 

40歳を越えて長年ビジネスマンとして働いてきた僕の目には、コストコとウォールマートの店員のやる気の違い、

店の勢いの差が見えている。


アメリカのコストコの倉庫内の客数が少なくて、コストコ岡崎とかコストコ守山ら日本のコストコの

客数の多過ぎることと比較すると、アメリカではコストコはもう飽きられている?と心配していた。

 

いいや、コストコの店員にはモチベーションがある
倉庫内にはフレンドリーで安心な雰囲気がある、これは会員制を取っているからだけ?


誰でも入れるウォールマートの店内と駐車場に漂う殺伐感、店員のやる気のなさ。
同じ大手ショッピング店、全米で誰もが名を知っている両者なのに、明らかな違いがある。

 

 

コストコとウォールマートの違い2.jpg

 

 

ウォールマート傘下にサムズクラブというコストコ競合他社があるのは驚きだった。
全米での店舗数だけで言えばサムズクラブのほうが多い。

 

 

コストコ 520店舗 会員6,000万人
サムズクラブ 650店舗 会員4,700万人 ※ウォールマート傘下

 

 

僕にとっては両社には決定的な違いがある。
コストコは従業員を大事にし、ウォールマートはその逆ということ。
サラリーの安さ、離職率の高さ、そういう大きな背景の違いがある両社なのに。
従業員満足度の低いサムズクラブやウォールマートが日本市場に適合するわけがない。

 

コストコは日本人に合っている。
あの感動をより多くの日本人に見て欲しい。
何も買わなくとも、見るだけで視野が広がるから。


あんなラフな商売をしていても、売り場には覇気があり、買う人たちは楽しそうで、不平不満はさらさらない。
日本風の過剰包装・梱包は、ひとつ壁を隔てれば「本当はいらない」ことだと露呈する。

 

 

何もコストコを全知全能の神と崇めているわけではない。
日本人は、コストコの良い所取りだけをして、日本の文化を更に良くするためのアイディアとして活用するだけでOK。

日本から距離をあけている今、日本のスーパーに戻ったらそこの美点が強く見えるはず。


コストコだってしばらく時間をあけて再訪すれば、見える視点はまた新鮮に。
3年おきぐらいに入れ替えてみたいね、いつの日も刺激のある時間が良い。

 

つまるところ、私がコストコを愛するのは、倉庫の中身が魅力的な以上に、

従業員のやる気含めて雰囲気が良いことを、僕の肌が感じ取っているから。

 

明智光秀 イオンモール土岐

一見、関係性が分からないように思われる明智光秀とイオンモール土岐だが、私にはつながりがぴんぴん感じられる。

ストーリーはこのように組み立てられた。


2018年、「イオンモール土岐」は2020年東京オリンピックによる建設費高騰を受けて、オープンを2年延期を発表。

 

2020年1-12月 NHK大河ドラマは「明智光秀
→明智光秀の人気に火が点く

 

2021年に、明智光秀の本拠地だった美濃・土岐市に「イオンモール土岐」オープン
→明智光秀ローカルネタをふんだんに備えて、イオンモール土岐は観光客誘致を大成功させるはず

 

 

明智光秀イオンモール土岐1.jpg

 


まさに時(土岐)を得た登場タイミングなのだ、明智光秀もイオンモール土岐も。

イオンモール土岐単独でも成功は見えているものの、最高の時を図ったかのような偶然の計画延期。


清和源氏流で南北朝〜戦国時代の約200年間も美濃国守護の要職にあったのが土岐氏だが、明智氏はその支流。

土岐氏とその支流で現代では最も有名な明智光秀が、イオンモール土岐の宣伝キャラクターになることに不思議はない。

だからイオンモール土岐は、ドラマ明智光秀の展示・イベント会場になって欲しい。

桔梗の花が咲く丘があるのかな、イオンモール土岐には。水色桔梗は土岐氏の家紋。

 

 

明智光秀イオンモール土岐2.jpg

 


美濃・東濃の土岐市だが、いまや経済規模の大きい名古屋市のベッドタウンの意味を持っていて、

岐阜市&岐阜市 < 名古屋&愛知県 ぐらいの感覚だが、

土岐はこのドラマ明智光秀・イオンモール土岐で、再び美濃の人気に火をつけてくれるだろうな。

美濃の経済と評判を潤わせる、美濃守護にふさわしい仕事かな。


中央道と東海環状という高速道路網の交差点で、人の往来とお金を握るのが土岐。

曽木公園の逆さ紅葉も素晴らしいが、それ以上にこの土岐という土地はキーになり続けるのだ。

 

アリオ日進

名を残さなかった。

アリオも日進も、新しいショッピングモールにその名を残さなかった。

 

プライムツリー赤池は日進市赤池にあり、アリオブランドでショッピングモールを出す

セブン&アイ・ホールディングスが運営している。

 

アリオよりも大規模なモールはグランツリー武蔵小杉しかなかったが、

ツリーの名前が入ったものが日進市赤池に、「アリオ日進赤池」は幻の名に終わった。

 

 

アリオ日進.jpg

 


どうやら東海地方でアリオの名を聞くことはなさそうだ。

長野県にあったアリオ松本はプライムツリー赤池オープンの同年2017年に閉鎖。

もう、大阪に行かないとアリオの文字を目にすることもなくなった。

 

それよりは、プライムツリー赤池という全く新しいブランド風のほうが興味を持つ。

別にアリオブランドがもう退廃の一途をたどっているわけではなくて、

2017年にはイトーヨーカドー葛西店がリニューアルするとアリオ葛西へとアップグレードしている。

 


日進市も日進の文字を入れなかったのだな、まぁ、「日進」自体が古いゆかりのない地名だから、

地下鉄赤池駅でなじみが出来た赤池を優先したのも合理的なのか。

 

予想していた「アリオ日進」という名前はどこにもかすらず、

しかし期待していた大きなショッピングモールはその場所にできた。

 

自分ごときの推測を上回ったものができて、ハッピーなのだから喜ぶことにしている。

 

ミニ・コストコ

愚な発想と笑われるのも承知の上で、「ミニ・コストコ」という形態を考えてみた。

 

通常のコストコ倉庫店では、下記を土地条件とされている。

 

敷地面積 → 7,000坪 (≒23,000m2)
建築面積 → 4,200坪 (≒13,000m2)
駐車場 → 800台
雇用 → 250-500名を新規雇用
商圏人口 → 半径10KMで5万人

 

これらがどのぐらいの規模を意味するか、建築面積(=延床面積)をモノサシにしてみた。

「(建築面積では)コストコは東京ドームの約3分の1、イオンモール土岐の約7分の1」となる。

 

これじゃピンときませんね。

野球のグランド(観客席やベンチは含まず。選手がプレイする場所だけ)が約13,000m2。

 

そう考えると、2017年時点で26店舗あるコストコを、2030年には50店舗に増やす計画は容易ではない。

 

 

 


そこで、「ミニ・コストコ」だ。

コストコ倉庫店を出したいけど、同地域に別のコストコがあったり、商圏条件がぎりぎり満たない場合、

コストコ自体のサイズを小さくして出せば、ペイできるビジネスになるのではないか。

 

そもそも、アメリカ基準の物量自体が大きすぎる、すべて半分でも良い。

ミニ・コストコならば、北関東で機会を逸したコストコ鹿沼

三河で期待されるコストコ岡崎 or コストコ豊田も現実的なものとなる。


それはね、コストコ自体が「メガサイズ」の代名詞であり、それのミニ版って

「ミニ・メガサイズ」というコンセプト矛盾したものになり、自滅の道をたどる切欠になるかもしれない。

反対に、コンビニや軽自動車が巨大化したらどうか。

 

ダメだ、もうぐっちゃぐちゃ。

この空想はボツにしよう、「ミニ・コストコ」は林立したら「メガ・コンビニ」も生まれるということになる。

 





© 2006 - Ken Box