奈良の大仏の重さ

奈良の大仏の重さですか? はい、250トンだと言われていますが?

 

あっ、そっちの重さではなく、重みというか、存在の重さってことね、失礼いたしました。

 

それではお話ししよう、奈良の大仏の罪の重さを。

 

昔話になるよ、創建時、8世紀中頃には賛否両論ある奈良の大仏だったんだ。

 


当時は民衆が飢饉や疫病に苦しめられていたから、

 

聖武天皇は負のスパイラルから脱却できるように、と願い奈良の大仏と東大寺を造った。

 

その願いは良いとしよう、しかしあれほど大きな奈良の大仏だよ、建立には巨額の税金が投入された。

 

民衆からすればこう言いたくなるだろう。

 

「そんな無駄な公共工事で金を使うぐらいなら、飢えている民に食い物をまわせ!」

 

 

 

 

奈良の大仏の意味の重さは今でこそ分かるし、評価もされているけど、当時はそれどころではなかったはず。

 

自分が死ぬ思いをしながら収めた税金が、豪華なお寺や仏像の建築費に浪費されてしまう。

 


10年がかりの大仏造立、作業中の事故もあり、水銀中毒によって死亡した作業員もいた。

 

民衆のためにと造った奈良の大仏が、当時の民衆を苦しめるものにしかならなかったのは皮肉な結果

 


奈良の大仏造立を命じた聖武天皇が没すると、橘奈良麻呂が乱を起す。

 

すぐに鎮静化されたが、理由を「東大寺の造立で人民が苦しめられていたから」と橘奈良麻呂は説明した。

 


こじつけられた口実と推測するが、「奈良の大仏設立で民が苦しめられた」というイメージは、

 

その当時は一般的に通用するものであったと窺い知ることができる。

 

 

 

 

さぁ、どうだ。

 

今では奈良観光の目玉、福祉社会事業として障害を持つ子供たちへの療育、学校・図書館を備えて、

 

日本の福祉事業のパイオニアとして東大寺は高名であるが、そこに至るまでの道は苦難の連続。

 


民のためが結果として民を苦しめ、戦火で失われては再建を繰り返した大仏殿、

 

時には奈良の大仏は大仏殿に覆われずに野ざらしの状態にあったり、

 

首から上を失ったままで鎮座していたこともある。

 


それでも現代まで残り、人々に修復されては今のお姿を留めている。

 

この長いストーリーにこそ、奈良の大仏の重さ・存在の重みが宿っている気がする。

 

250トンの重量だけではなく、奈良の大仏の重さをそういう風に計るのが僕の解釈

 

奈良の大仏の大きさ

「奈良の大仏って、どうしてあんなに大きいの?」

 

奈良の大仏の大きさの理由を聞かれて、わたしは戸惑った。

 

「大きさは約15mです」って、いつもの仕事口調で答えるのは簡単だけど、えっ?奈良の大仏が何故あの大きさかって?

 

知りたがっている子たちの表情が真剣なのを見て、わたしは的確に答えてあげようと思った。

 

 

奈良の大仏の大きさ1.jpg

 

 

不思議の理由を知りたがるのは自然なこと、そうよね、奈良の大仏の大きさの理由って普通は見当もつかないよね。

 

この子たちに奈良観光のお土産として、奈良の大仏の大きさの理由を持ち帰ってもらおう。

 

奈良の観光案内所でバイトをしているわたし、

 

観光マップをもらいにきた修学旅行生の子たちに聞かれて、こう答えてあげたよ。

 


「奈良の大仏の大きさは、あの大仏を造った聖武天皇が平和を祈る心をひときわ強く持っていたから

 

みんなにそれを伝えるために、あんなに大きな大仏を造ったの」

 

そう聞いた修学旅行生たちが「ほう、そういうこと?!」っていう表情をしてくれたのが分かった。

 


「その昔ね、奈良の大仏が造られた時代は病気や戦争が長く続いて、世の中が乱れていたの。

 

聖武天皇はなんとかしたいと思っていてね、お金もあんまりなかったのに、

 

強い意志を持って東大寺に奈良の大仏をこんなに大きいサイズで造ったんだ。

 

平和を願う気持ちを多くの人たちに分からせるには、大仏が大きければ大きいほど伝わるって思ったのね

 

 

奈良の大仏の大きさ2.jpg

 

 

そう言いながら渡した東大寺・奈良の大仏の紹介パンフレットには、

 

像の高さ14.98m・頭部5.41m・目の長さ1.02m・耳の長さ2.54m・奈良の大仏が座っている台座の高さ3.05m

 

という数字が書かれてある。

 


平和を願った気持ちが奈良の大仏を身長15mまで大きくしたんですね。ありがとうございました!」

 

そう言って、修学旅行生たちは奈良公園へと歩いて行った。

 


良かったよ、わたし。

 

奈良の大仏の大きさの訳を上手く伝えられたって、一人で喜んで、思わず東大寺の方向に合掌しちゃったもん。

 

リニアモーターカー 名古屋駅

名古屋にとって、リニアモーターカーは次世代の新幹線じゃないもん、現にもう走っているし。

通称「リニモ」が、名古屋⇔長久手⇔豊田を結んでいる、それも2005年の万博以前から。

名古屋駅近郊にリニア・鉄道館という博物館もあるし、愛知県は名古屋市はリニアの先駆者。


それはね、時速500km超えのリニアモータカーと、リニモは同じ仲間には区別できないかも。

まぁ仕組みは同じなんだ、超電導磁気で車両を浮上させて走るという意味だけ取れば一緒。

リニモの走りはゆったりだよ、普通の電車より遅く、モノレールに良く似た動き。

 

 

 

 

技術は先行投資した者勝ちというが、リニモで培った技術をリニアモータカーに活かしました、と言える?

車両技術もそうだけど、東京駅⇔名古屋駅区間の8割がトンネルの中、一方リニモは100%高架線上。

分かっていたけど、素人目にはこれが同じリニアモータカーとは言い難い。。。

大体、リニモが先進技術の先の先を行っている輸送機関という認識は乏しいし。

 

リニアモータカーの技術開発が1962年からスタートしたと聞いて驚きだ。

1979年に時速500km超えを達成、そこからもう35年経った現代でも商品化はされていない。

世代を超えて完成する技術の粋・リニアモータカーが名古屋駅へ、僕たちはいよいよ体験できるのか。

リニモの経験が、リニアモータカーの完成の一助となっていれば嬉しい、ただそれだけ。

 

ロハスな私

ロハスな私、っていうキーワードがある。

自分の生活や健康に大変な興味を持っている人たちは、いくらお金を払っても良い物を買おうとする。

自己投資を惜しまず、安かろう悪かろうの商品につられることなく、

高くても本当に良い物ならば抵抗なく購入する彼らが、ロハスと呼ばれる人たちだ。


インターネットや本からの情報収集にも長けた彼らは、

購買意欲が高く一般的に高学歴・高収入なのが特徴と言われている。

経済不安定と物価上昇に見舞われる21世紀の社会でも、

お金を出して高い物を買ってくれるロハスな人たちは、マーケットの中で主流を占める購買層と言ってよいだろう。


21世紀の流行はアメリカからやってくる。

このロハス(LOHAS=Lifestyles Of Health And Sustainability)と呼ばれる層は、

アメリカで生まれて流行したのがおよそ10年かけて日本に流れ込んできたものだ。

振り返れば、アメリカで流行ったボーリングが、日本でも大ブレイクしたのが1970年代。

キャンピングカーだってアメリカから日本へ移ってきたものだし、

2007年に流行ったビリーブートキャンプだって、やっぱりアメリカからやってきたものだよ。

マクドナルドも、インターネットも、スターバックスコーヒーもアメリカ文化からだね。

 

 

 


ロハスな私もそう。

白人コンプレックスがまだどこかにある私たち日本人は、アメリカの流行を知らずと追っているのだろうか。

いいや、人種のコンプレックスというよりも世界で一国だけ飛び抜けた超大国・アメリカだから、

その経済や文化が世界中に影響を及ぼすっていうことなのかもしれないね。


ロハスな私は健康グッズに金をつぎ込み、身体維持のために歩いて汗を流す。

中国製なんて怪しいから信じないよ、極端な安物はリスクが潜んでいるから買わないよ。

食べ物だって、食品偽装問題によって日本産ですら信憑性が弱くなっているものの、

頑として日本産しか信用しない。

中国産の食品なんてあり得ない、っていう顔をしたロハスな人たちは食の安全にピリピリしている。


水だってミネラルウォーターか、浄水器の付いた蛇口しか信じない。

水道水を飲むなんてもってのほか、ご飯を炊くにもミネラルウォーターを使うんだ。

ロハスな人たちは自分の身の安全をセルフコントロールする。

黙っていても誰かが、近所の人が、国家が、自分たちを守ってくれるなんてもう考えていない。

防犯グッズが、ホームセキュリティー契約が、市場として地位を確立した。

お金はあるから、空気も水も安全も、自分の知識とお金でもう一歩上のものを得ようとするのがロハスな人たちなのだ。


それって世間に懐疑的で、性善説から性悪説へ流れつつある現代人の心が浮き彫りになった証拠って捉えてもいいんじゃないかな。

それって21世紀では社会の主幹の地位が、貴族階級から一般庶民へと完全にシフトした証拠って捉えてもいいんじゃないかな。


ロハスな私は、もう止まらない。

贅沢を覚えた先進国の贅沢人の行く末は、ロハスな私なのだろうね。

と偉そうに書いている私こそが、お金に困ることなく健康維持と知的好奇心に並々ならぬ興味を持つ、典型的なロハスな人ではありますが。

 

大きなミス 小さなミス

「落ち着いてやれば絶対できるから」

店長にそう優しく言われた時は逆にショックだった。


注文が殺到し過ぎて、仕事が全然回らなくなった居酒屋の厨房の焼き場。

慌てたバイトが焦がしてしまったつくねをお客様に出そうとして、

社員のチェックが入り、もう一度やり直しになった時、店長は少しも怒らずにそう言ってバイトを励ました。


酒飲みで、短気で、豪快な性格の店長。

忙し過ぎて誰もがカリカリしている時なのに、

バイトの若僧の無謀なミスにも動じることなく、そう言って逆にバイトを励ます方法を取った。


店長の性格を考えれば、怒って一喝のほうがよっぽど似合っているのに。

大体いつも細かいことで、ガミガミ叱ってばっかりだったじゃないか。


ただ怒られるよりもずっと強烈に意識に残った、その店長のメッセージ。

部下への愛情のある叱咤激励。

その一言だけでバイトの若僧は店長を尊敬し、

その後は店長のためならばどんな苦労も惜しまない忠実な部下となった。

 

 

 


小さなミスはいくら責めてもいい。

細かく言って、うるさく繰り返して、改善を促すべきだ。


ただし、大きなミスの時こそ、あえて不問に帰すべきではないか。

大きなミスをわざとやろうとする人はいない。

何らかの原因が重なって大きなミスが出てしまったその時は、

ミスした人を叱りつけることじゃなく、先輩や上司がフォローしてあげるだけでいい。


いつかそのバイトの若僧が大人になった時、店長のことを思い出して

自分の部下の大きなミスを救ってあげる日が来ると思うよ。


店長の剛直なイメージと、優しい一言のギャップに

若僧がやられただけかもしれないが、その逆説の一言で、一生の敬意が生まれた。

 





© 2006 - Ken Box