レイヴン・ラン・パーク

2017.05.28 Sunday

ここ3週間も週末の天気に恵まれておらず、雨・雷。

 

グレートスモーキーマウンテン国立公園に行く好機だったのに、雨予報なので躊躇。

 

ウェブを見る限り雨かな?曇りかな?ぐらいの微妙さ、また来週なり再来週なりにすればいいか。

 

そのことがフラストレーションだったので新緑のレイヴン・ラン・パークをトレイルランニングしてみた。

 

 

レイヴン・ラン・パーク1.jpg

 

 

2009年に買って以来何度かしか履いていないMontrailのHard Rockというトレイルランニングシューズで。

 

足元は泥だらけで滑りやすい、しかし眩しく迎えてくれる緑の色にテンションがあがる。

 

 

レイヴン・ラン・パーク3.jpg

 

 

大き目の蛇を見かけた、色々な方が思い思いの恰好でハイキングしていた、僕の他にもトレイルランナーはいた。

 

 

レイヴン・ラン・パーク2.jpg

 

 

調子良く走り続けたレイヴン・ラン・パーク、家に塞ぎ込まずお外に出よう!

 

ノックスビル テネシー州

2017.05.04 Thursday

そして次に走った町はノックスビル(テネシー州)だ。

 

どうも興味深いテネシー州、なんというか、雰囲気が余裕とお金と自然に溢れている。

 

 

ノックスビル写真3.jpg

 

 

ノックスビルのダウンタウン、中心地・マーケットストリートをRUNしていて出会った面白写真↑。

 

学生さんたちがみんな思いのままにリラックスしている、なんとも可愛らしい。

 

 

ノックスビル写真1.jpg

 

 

他州の町と走り較べて感じたノックスビルの個性・平和だということ。アパラチア山脈のお膝元だから?

 

 

ノックスビル写真2.jpg

 

 

テネシー州といっても、ナッシュビルに、チャタヌーガにそれぞれ特徴があって、1つの枠には当てはまらない。

 

 

ノックスビル写真4.jpg

 

 

オールドシティを走り抜ける、歴史を感じる、今は工事中だらけだった。

 

 

ノックスビル写真5.jpg

 

 

Sunsphereと呼ぶミラーボール? 目立ちたがり屋さんね。

 

 

ノックスビル写真6.jpg

 

 

UT(テネシー大学)があるから若者が多い、街は大きめな割に行き交う人は少ないか。スペースにも余裕を感じた。

 

 

ノックスビル写真7.jpg

 

 

珍しく起伏の多い町・ノックスビルを走り抜けた僕、町の様相をダイレクトに感じ取れて満足だった。

 

チャタヌーガ テネシー州

2017.05.03 Wednesday

テネシー州チャタヌーガ、この不思議な音を名前に持つ町を、軽快にランニングしてみた。

 

スタートはやはり高名なテネシー水族館、中を観光するわけではなく、外を走るだけの僕。

 

 

チャタヌーガ写真1.jpg

 

 

橋向こうまでRUNして撮った一枚、テネシー水族館のユニークな建物と、川沿いの歩道と階段の雰囲気が良い。

 

 

チャタヌーガ写真4.jpg

 

 

チャタヌーガのリバーフロントを走ります、地元民のように。

 

 

チャタヌーガ写真3.jpg

 

 

テネシー川ではリバーカヤックをする人たち、穏やかな空気の流れを感じる町ね、チャタヌーガ。

 

 

チャタヌーガ写真2.jpg

 

 

岩が迫ってきている所=先住民の言葉で「チャタヌーガ」。岩=ルックアウトマウンテンのこと。

 

 

チャタヌーガ写真5.jpg

 

 

走っていて分かったこと、チャタヌーガには余裕がある。時間と心と金の余裕を、テネシー州の長所が出た町。

 

 

チャタヌーガ写真6.jpg

 

 

南北戦争の爪痕も、昔の重工業での環境悪化もどこへやら、今のチャタヌーガはエコな感じ、自然に溢れた町。

 

 

チャタヌーガ写真7.jpg

 

 

アパラチア山脈を越えた向こうの町とも、アトランタともノックスビルともまるで異なる様相、走って感じたチャタヌーガの表情。

 

アトランタ ランニング

2017.05.03 Wednesday

アメリカ南部の最大都市・アトランタを走ってみよう。

 

標高300mにあろうが構わず走り、その昔「全米ワースト1凶悪犯罪率」の不名誉になってしまったこともある街を、

 

僕の肌で感じてみたい、もちろん無理なところは走らないけどね。

 

 

アトランタ_ランニング2.jpg

 

 

CNNセンター・ジョージア水族館・オリンピック公園あたりを最初に走ると、キレイな観光地ってとこ。

 

 

アトランタ_ランニング1.jpg

 

 

パーソナルモビリティに乗っている人は警察官に準じて「アンバサダーフォース」と呼ばれ、パトロールをしている。

 

 

アトランタ_ランニング3.jpg

 

 

ワールド・オブ・コカコーラを走り過ぎる! 家族と一緒に遊びに来たいのでグッと我慢、コーラも飲まずに。

 

 

アトランタ_ランニング5.jpg

 

 

観光地一帯を過ぎ、ダウンタウンまでの登坂付近には人が少ない、中心部に入ると都会らしい光景が。

 

 

アトランタ_ランニング4.jpg

 

 

カラフルなレンタルバイクが目を引いた、都会をRUNで駆け抜けるのは良い、自転車で走っても面白そうだ。

 

 

アトランタ_ランニング6.jpg

 

 

何せ気軽なRUN姿、地下鉄駅におりていってウロウロする、別に心配なことはなく普通の地下鉄。チケットマシーンを写真に。

 

 

アトランタ_ランニング7.jpg

 

 

ダウンタウンの南、アンダーグラウンド・アトランタ付近で雰囲気が変わった、小さな危険を感じ、

 

走っているから誰にも邪魔されないが、ほどほどにして安全なエリアに戻る。

 

 

アトランタ_ランニング9.jpg

 

 

ダウンタウンの東・キング牧師国立歴史地区まで走って行こうとも思ったが、止めてよかった。

 

キングセンターの池にはキング牧師の棺が安置されている。それまでの道の雰囲気はダメダメ、車で移動しないと。

 

 

アトランタ_ランニング8.jpg

 

 

I have a DreamのスピーチCDが流れるのを聞き、キング牧師に想いを馳せる。永遠の炎。

 

 

アトランタ_ランニング10.jpg

 

 

キング牧師の時代の展示物や、生家を見たり、アトランタのもう1つの見どころも逃さず。

 

大都市アトランタを走っていた感想として、日中ならよほど治安の心配はないが、あまり走るものでもない場所だ。

 

無難に見どころだけを車で見て回ったほうが良いかな、アトランタ市内なら。

 

僕のRUNは無意味だったようで、これがはっきり分かっただけでも刺激になり、自分の経験となった。

 

コロンビア サウスカロライナ州

2017.04.30 Sunday

サウスカロライナ州都・コロンビアをランニングしてみた。

 

この町がどういう香りを放っているのか、走って感じてみるのが一番だ。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州6.jpg

 

 

横断歩道がカラフルな記号に彩られている、なんだかセンスを感じて嬉しい。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州3.jpg

 

 

メインストリートを真っすぐ走る。コロンビアという町は、平和で清潔で落ち着いていると感じた。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州1.jpg

 

 

サウスカロライナ州議事堂、そうだ、コロンビアはサウスカロライナの州都。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州2.jpg

 

 

州都にしてはダウンタウンは小さく、人も多くはない。こじんまりとしたイメージね。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州4.jpg

 

 

今日走ってきたグリーンビルシャーロットと比べると個性が際立っていない。ただ安心な町。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州5.jpg

 

 

コロンビア美術館でイベントが行われていた。サウスカロライナ大学があるから若者も多い。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州7.jpg

 

 

お外で飲食できる楽しそうなお店、アメリカでこの景色を見ると安心する、心の余裕がある町だ。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州8.jpg

 

 

割合短時間でコロンビアでのランニングを切り上げた、個性は強くないが良い町だと感じた。

 






Copyright (C) 2006-2017 "Kenbox" All Rights Reserved.