ディズニーランド 単焦点レンズ

単焦点レンズだけで撮るディズニーランド、妙な味わいがあった。

 

便利なズーム機能を捨てて一点集中、全ては望まないよ、数枚の良作さえ撮れれば。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ5.jpg

 

 

パレードでは望遠レンズでキャストの笑顔か動きにフォーカスした写真が欲しいところ。

 

不便な単焦点レンズでは画角がまるで違うから、割り切って全体を狙ったら雰囲気が撮れた。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ4.jpg

 

 

そんな単焦点レンズはステージ狙いではぴったりはまった。

 

中央の席をゲットしたことと、f/1.4Gの明るい単焦点レンズの強みが出て、派手な瞬間を逃さなかった。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ2.jpg

 

 

キャラクターグリーティングで撮ろうとしても広角が足りなくてフレーズアウトしてしまう58mm単焦点レンズ。

 

人間の目の画角に近い焦点で視野のままに撮り、あとはトリミングで欲しい場所だけ残せばいいか。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ3.jpg

 

 

お外ではなく、ちょっと暗い場所になったら強みを発揮する明るい単焦点レンズ。

 

大口径ズームレンズではないとできない芸当を、単焦点レンズなら1焦点のみだが叶えてくれる。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ1.jpg

 

 

普通のズームレンズよりも軽いのが単焦点レンズ、カジュアルなスナップができるのに、画質が高いのが好き。

 

良い表情をたくさん撮りたいならズームレンズでバシバシと狙うのが王道。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ6.jpg

 

 

夜景になると、手振れ機能は付いていないものが多いけど、単焦点レンズは無類の強さ。

 

 

ディズニーランド単焦点レンズ7.jpg

 

 

まとめると、ディズニーランド写真撮影で、単焦点レンズはもったいない。撮るべきポップなシーンを撮り逃す。

 

何度も来ていて新しい発見が欲しいのなら、強いこだわりの一枚が欲しいなら、単焦点レンズは面白いでしょう。

 

ディズニーシー 単焦点レンズ

いや、ディズニーシーでの写真撮影は、レンジの広いズームレンズが最適だな。

 

58mmの単焦点レンズ一本で撮ってみたディズニーシー、できることに限りがあった。

 

静物撮影ではないから、画質というより、良い瞬間が映せるか勝負、それなら単焦点レンズではない。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ5.jpg

 

 

それでも単焦点レンズの強みは時として現れた。

 

明るく、ボケがキレイで、画質の高さ。上の一枚は単焦点レンズならではの写真だろう。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ4.jpg

 

 

ショーでは200mmぐらいの望遠レンズが欲しい、それかいっそ全体像が見えるような35mmの広角レンズ。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ2.jpg

 

 

手足を軽く縛られたような不自由感を味わいながらのディズニーシー、一眼レフでの写真撮影。

 

一番の楽しみは奥さんと娘と楽しむことだったから、写真はその次の目的。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ6.jpg

 

 

華やかなものに目が先にいくが、園内のあちこちに美がある、ディズニーシーっていうブランドが付かなくても良いものは良い。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ7.jpg

 

 

単焦点レンズの一枚をトリミングで拡大してもそこそこのモノにはなるが、まぁありのままに。

 

欲張らず、単焦点レンズならではの一枚を。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ3.jpg

 

 

三脚・一脚禁止のディズニー園内、暗いところで撮るのなら明るい単焦点レンズ。

 

 

ディズニーシー単焦点レンズ1.jpg

 

 

なんとなくのスナップなら単焦点レンズでいい。天才肌の明るい単焦点レンズが、奇跡の一枚を生むこともあるだろう。

 

熊野古道 写真撮影スポット

どうしても「熊野古道」の響きに惹かれる。

 

山深い熊野という見知らぬ土地、高野山や吉野山からの修験の場、そこを繋いだ古道。自然と調和した神道の匂いが濃い。

 

 

青岸渡寺_那智の滝.jpg

 

 

離日前、最後の写真旅は熊野古道の写真撮影スポット巡り。

 

青岸渡寺と那智の滝の組み合わせは妙だ、背景の尽きない森の色合いもあって写真映えする。

 

 

熊野本宮大社_写真.jpg

 

 

熊野本宮大社の大鳥居、シンプルなのに存在感があるのは何故?

 

大社の名前効果、素朴な自然の中にあえて立つ姿、大きいのはありがたいこと。

 

 

谷瀬の吊り橋.jpg

 

 

渡らなかったけど谷瀬の吊り橋、熊野川(十津川)の存在感が凄いと感じた熊野ドライブ旅行でもあった。

 

 

熊野古道_松本峠.jpg

 

 

足元の古道をフルサイズ一眼レフで本気撮りする僕、熊野古道のベスト撮影スポットは松本峠で間違いなし。

 

 

熊野川の蒼さ.jpg

 

 

熊野川の蒼さ。この色合いが導いたのが熊野の自然というか神秘。

 

中辺路丸山千枚田、熊野古道の写真撮影スポットは他にもあるか。山と海に囲まれたミステリアスな場所。

 

高野山 写真撮影スポット

日本ならではの風景を、写真に撮りたいと考えた。

 

どこか。京都と奈良は数多く訪れてみたので、それ以外でどこか。

 

明るい華はなくてもいい、ただ本物の写真撮影ができる場所を。そうだ、高野山だ。

 

 

高野山_写真撮影スポット2.jpg

 

 

高野山の写真撮影スポット、奥の院根本大塔金剛峯寺、この3つが欠かせない。

 

 

高野山_写真撮影スポット4.jpg

 

 

早朝の奥の院では、正直、一眼レフでの本気撮影は躊躇がある。独特の風景を撮るのは貴重だが、墓地のため。

 

 

高野山_写真撮影スポット5.jpg

 

 

根本大塔一帯は昼間よりも夜がフォトジェニックだ、三脚を立てての夜景写真、精霊たちの物音にドキッ、とするけど。

 

 

高野山_写真撮影スポット3.jpg

 

 

金剛峯寺の門構えに惚れそうになった、ここも夜景撮影のベストスポット。

 

 

高野山_写真撮影スポット1.jpg

 

 

帰りがけに九度山に寄って真田幸村へ想いを馳せる。

 

高野山の写真撮影スポットを巡る旅、夜景と早朝の奥の院がポイントかな、日本再発見の撮影旅行。

 

 





© 2006 - Ken Box